FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season4
審判員の考え方や経験は面白い
投手の交代期を最もよくわかっているのは、
監督でも投手コーチでも捕手でもなく、
実は球審ではないか。

だって、ずっと投手の球筋を見ていますし、
スピードやキレの変化も手に取るようにわかるはず。

しかも、捕手と違って相手チームの投手も
同じように見ていますからね。

落合博満監督も、投手交代を球審に告げに行った際、

「もういっぱいいっぱいだろう」とか
「交代だよな」

と球審に聞くことがあるようですし。

で、それを昨晩ご一緒させていただいた審判員の方に
お聞きしてみると、控えめながらも
「だいだいわかりますねぇ」とのことでした。

だから、「もう代えたほうがいいのに」と感じていても、
ベンチが決断できない場面では、
代えないのかなぁ、という視線を監督に送ったり、
反対に、まだ投げられそうな投手が交代させられる時は、
交代を告げに来た監督に「えぇっ、代えるの」という
リアクションを見せたりするそうです。

野球のこういう部分て面白いですよね。

野球界に審判員として関わる方の
考え方や身のこなしって、
ビジネスマンにも参考になることが
たくさんあるのではないか。

そんなことを考え、企画として練っているところです。

今日の夕食は、我が家の定番・餃子を
水餃子にして、流行っている『桃ラー』と
『OYSTER BAR』のペッパーを入れてみました。

水餃子

これ、お勧めです!!
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/957-870afc2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック