FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
1点差なら何とかなる
都市対抗東海二次予選は、
第二代表決定戦が

東邦ガス 3-2 東海理化

第三代表決定戦は

ヤマハ 6-3 JR東海

また、九州第一代表決定戦は

沖縄電力 2-1 Honda熊本

一気に3つの代表チームが決まりました。

毎年、都市対抗予選では手に汗握る試合が続きますが、
1点差の勝負というのは、本当にゲームセットになるまで
どうなるかわかりませんよね。

そんな勝負の流れを
ドラゴンズがようやくつかみかけてきたと感じます。

2回表にトニー・ブランコの先制ソロ本塁打で先制。
どうにか追加点を奪おうとするものの
広島の先発コルビー・ルイスに抑えられ、
6回裏には、そのルイスに同点弾を許してしまいます。
さらに、7回裏には栗原健太選手に逆転ソロを……。

朝倉健太投手が“ケンタ対決”でやられてしまいますが、
その後の一死満塁を必死の継投で無失点に切り抜けます。
そして、8回表一死一、二塁のチャンスを併殺打で潰しても、
浅尾拓也投手を投入して3点目を許さない。
それが、9回表の森野将彦選手の逆転2ランにつながります。

こうした1点勝負に強くなると、ドラゴンズの戦いは
ますます面白くなるでしょう。
連日の都市対抗予選と合わせて、ドラゴンズからも目が離せません。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/614-3f8a0651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック