FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
京セラドーム大阪のオリックス×北海道日本ハムでは、
こんな珍プレーがあったそうです。

3回表一死満塁で、近藤健介選手の打球を

センターの宗 佑磨選手がグラブに入れるも、

ボールがこぼれてフェンスに当たる。

その間に三塁走者に続いて二塁走者も生還して

2点を挙げたましたが、捕球されたと勘違いした

一塁走者の大田泰示選手は戻ってしまい、

二塁にボールが転送されてアウト。

近藤選手の記録は2打点のセンターゴロとなりました。

でも、長い間、野球の仕事に携わっていると、

僕も同じようなシーンを見ているんですよね。

2008年4月8日の拙ブログ。

『第1試合は延長11回の熱戦。住友金属鹿島が

3-2で大阪ガスに勝ちました。0-2の9回裏、

生まれてはじめて見る珍記録が!!

一死満塁で溝下進崇選手の当たりはレフト前へのフライ。

落ちるか、落ちるか、落ちたぁ。

二塁走者も大きくオーバーランしていて、

一気に同点のホームイン。溝下選手の同点タイムリー!!

と言いたいところでしたが、一塁走者がセカンドで

フォースアウトになり、打点2のレフトゴロに。

たぶんこんなシーンを見るのは初めてです』

スコアを記入しながら、確かNPBの公式記録員の方に、

「レフトゴロの2打点でいいんですよね」と確認したんだ。

野球って、本当に面白いな。

チキンと野菜のオーブン焼き

チキンとお野菜が美味しい一日でした。

グランドスラム紹介用

プロ野球カラー名鑑紹介用

どちらも好評発売中です!!



FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。





テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/4495-d7d4cf0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック