FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
人生は楽しいことよりも辛いことが多いけど、一度でも凄い楽しさを経験すると、乗り越えられる気がするな
夏の甲子園、18日の星稜高×仙台育英高の試合で、

7回に星稜高の荻原吟哉投手の右指が

熱さからか攣りかけた時、それに気づいた

仙台育英高の小濃 塁選手がマウンドに走り、

スポーツドリンクを届けたと。

夏の甲子園のホッとするシーン

写真を見ると、球審も捕手も笑顔になっている。

僕が高3だった1983年夏の甲子園でも、

池田高×中京高(現・中京大中京高)で、

水野雄仁投手と野中徹博投手は、3アウトを取ったあと、

投手にボールが戻ってくると、マウンドに転がして

ベンチに戻るのではなく、相手投手が来るのを待ち、

笑顔で手渡していました。

そのシーンをテレビ中継で観た時、

何だか選ばれた者だけが許される行動のような気がして、

凄く羨ましかったのを、

このシーンを見て思い出しました。

明日はいよいよ準決勝。

選手たちにとっては、長い人生のたった一日だけど、

いつまでも忘れられない一日にしてほしいな。

グランドスラム紹介用

プロ野球カラー名鑑紹介用

どちらも好評発売中です!!



FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。





テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/4489-8c6f19bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック