FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
2018年は佐々木琴子と永谷暢章が来る!!
午前中から執筆した原稿が捗ったので、

家族で『ミュージック・ステーション』を観ました。

『インフルエンサー』を歌唱した乃木坂46では、

明日で活動を終える伊藤万理華がラストのパフォーマンス。

昨秋、片山純一さんの最後のマウンドを観た時のような

「もう記憶の中でしかパフォーマンスを楽しめないんだ」

という喪失感がありました。

フロントで躍動するメンバーではなかったけれど、

乃木坂のダンス・フォーメーションが締まっているのは、

バックのセンターにいる生駒里奈や伊藤万理華の

スキルの高いダンスのおかげだと思っているので、

つくづく残念でなりません。

もうひとつ、若月佑美のポジションに

能條愛未が入っていましたが、彼女のパフォーマンスも秀逸。

AKB48は選抜メンバーの代打が入ると魅力が半減しますが、

乃木坂は誰が出てもきっちりまとまる。

大久保秀昭監督が率いた頃のJX-ENEOSは、

誰がスタメンでもゲームのクオリティがキープできましたが、

まさにそんな凄さが感じられます。

能條は、5年前の『制服のマネキン』以来、選抜されていませんが、

来年の3月には舞台の主演も決まったよう。

チャンスは少なくても、力のあるメンバーですね。

さて、そんな話題を書いたので、

毎年恒例になりました『来年ブレイクしそうな女子』のコーナー。

2013年の黒島結菜、2014年の生田絵梨花、

2015年の吉岡里帆、2016年の浜辺美波に続き、

今年は佐々木琴子です。

佐々木琴子

周知の通り、乃木坂の2期生。

立っているだけで美しいのに、本当に立っているだけ(笑)。

愛想もないから、いい写真も見つからない。

それでも、ラジオ番組の企画で

『アイドル顔だけ総選挙』をやったら、

白石麻衣、松井珠理奈に続いて3位に入ったという破壊力です。

なかなかやる気が出なかったようですが、

今春のアンダーライブでは「たくさん努力します」と

涙ながらに発言し、ファンの人気もグングン上昇している模様。

僕が女性誌の編集者だったら、間違いなくモデルに抜擢するなぁ。

調子に乗って、今年は男子もやります。

と言っても野球選手ですが、僕のイチ押しは

JR東日本の永谷暢章投手。

目を見張るポテンシャルを備え、

すでにU-23ワールドカップの日本代表にも選出されており、

社会人3年目の来季にどこまでブレイクするか楽しみです。

詳しい理由は追って詳述しますが、

2018年は琴子と永谷です。

お忘れなく。

グランドスラム50表紙バナー用

好評発売中です

夢の狭間でバー

12/23号は王子の2回目です


FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。





テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/3882-b296d7f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック