横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
おかえりなさい、日産自動車
2009年に上梓した拙著

『都市対抗野球に明日はあるか』の結びに、

そう書きました。

これは、出版人として30年間生きてきた中で、

唯一、自分の感情をストレートに表現した一文でした。

では、それから8年余りの時間で、

日産自動車野球部が復活するために

何をしたのかと言われれば、

OBの方々と野球を語り合うくらいで、

具体的には何もできていないのが現実です。

ただ、物書きの端くれとして生きている以上、

自分が書いたことには責任を持たなければと強く感じ、

自分なりに行動してみようと思い立ちました。

そりゃ、ひとりの力で日産自動車のような大企業が

動くわけがないのはわかっています。

でも、動かすことができる人を説得したり、

世間、いや、野球界だけでも、

日産復活の空気を作ることはできるかもしれない。

「またバカなことを」

そう笑う人が大半だと思いますが、

そもそも『グランドスラム』だって、

そういう空気の中で半ば強引に世に出し、

気がつけば25年が経ちました。

今では、「子供の頃から読んでいます」と若い選手に言われたり、

「あるのが当たり前」というファンにお会いすることもある。

自分の仕事は、そうした「バカなことを」から

始まったものが少なくないのです。

「落合博満さんの本を出したい」と言った時も、

「あの偏屈者が話を聞いてくれるわけがない」と

笑われましたが、それでも手紙を書いたところから

すべてが始まりました。

本格的に野球に関わって25年。

本気になれるものを見つけた気がします。

アドバイス表紙

野球と向き合える一冊です

夢の狭間でバー

8/12・19号は三菱自動車岡崎の2回目です


FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。



テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/13(日) 11:02:39 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/3750-e4a447bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック