横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
JR東日本という器の素晴らしさを感じました
ガッツリいただいた昼食(これにライスは無理でしょう)の

写真しか撮れないくらい

JR東日本キャンプのお昼

盛りだくさんの取材をさせていただきました。

特に印象的だったのは、インタビューした選手が揃って、

自分がどういう選手なのかをしっかりと把握していたこと。

見栄を張らず、背伸びもせず、

かと言って卑屈にもならず、

ありのままの自分を曝け出すのは、

実はなかなか難しいことだと思います。

そうした若手選手の声を聞くと、こう強く感じます。

ここ2年は都市対抗で悔しい思いをしていますが、

3倍返しで逆襲できる力は個々に養われている。

あとは、その力をチームとしてどう表現できるか、だと。

堀井哲也監督が腐心して、JR東日本という器を

磨き上げた成果なのでしょうね。

○○焼の器でいただくご飯が美味いように、

JR東日本に入るとピカピカに輝くのだなぁ。

今年の戦いぶりも楽しみです。

夢の狭間でロゴ

『週刊ダイヤモンド』で連載中

ご高覧いただければ幸いです。




FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/3568-12cee7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック