FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
桜美林と立教の違い
あえて敗者の立場で書きますが、

立教大はまたも明治大に勝ち点を許し、

優勝争いを繰り広げた相手に目の前で

胴上げを見せつけられ、今世紀初優勝を逃しました。

一方、初優勝に王手をかけた首都大学リーグの

桜美林大は、東海大に3-2で競り勝ち、

見事に悲願を成し遂げました。

両チームは大学の環境も選手も違いますが、

何とかリーグ優勝できるチームにしたいという

思いは共通です。単純に比較はできませんが、

一番大きな違いは何か。

野球を見ていてわかるのは、指導者の質でしょう。

桜美林大の佐々木千隼投手を見ていれば、

高校時代から地道に実力を上積みしているのがわかる。

一方、立教の澤田圭佑、田村伊知郎両投手は、

素晴らしい潜在能力に恵まれながら、

残念ながら大学ではしっかりステップアップできませんでした。

20歳前後のアスリートが、自分に足りないこと、

克服すべき課題を自分自身で見つけ、

正しい方法論でクリアしていくのは至難の業です。

それをしっかり観察し、的確な時期に正しい手順で

取り組ませてあげるのが指導者の役割です。

それだけの勉強が必要ですから、

指導者というのは大変な仕事(役割)なんですよね。

両校の野球を見れば、そうした指導者の覚悟の差が

明らかで、僕たちも勉強になっています。

立教大が勝ちたければ、

「どうすれば明治に勝てるのか」ではなく、

自分たちの野球の質をもっと磨き上げることだと思います。

魅力ある選手はたくさん在籍している。

彼らの成長をどうサポートするかです。

グランドスラム48

『グランドスラム48』は

絶賛発売中です!!




FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/3456-1493d478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック