横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
黒田博樹投手が現役引退を表明しました
これだけの実績を残した選手の引き際は、

もう自分が決断するしかないと思いますが、

客観的に見ていても絶妙というか、

ここしかないタイミングのような気がします。

「うわー残念。でも、本当にお疲れ様でした」

周囲がそう感じられるタイミングって、

あるようでなかなかないですからね。

そして、これからも野球界に力を貸していただけるよう

願うばかりです。例えば、鈴木誠也選手は

ガムを噛みながらのプレーをやめるように諭されたそうです。

「まだペイペイのくせに生意気だ」という言い方ではなく、

「イチローさんや松井秀喜はガムを噛んでいたか?」

そう言われれば、自分への期待感をひしひしと感じますよね。

別にガムを噛むことがいいか悪いかではなく、

おまえはうちのチームの顔になれるのだから、

イチローや松井のように振舞っていいんじゃないか。

黒田投手だって、チームの若手の誰もに

ガムをやめろとは言っていないはずです。

だからこそ、鈴木選手にとっては、

これからの野球人生に何より大切なアドバイスだと思います。

自分の進む道、その歩み方を間違えない人は、

後進の進むべき道もはっきりと示すことができる。

それをあらためて実感し、清々しい気持ちになりました。

バッティングの理屈カバー帯

『落合博満 バッティングの理屈』落合博満著(ダイヤモンド社)
書籍・電子書籍で刊行され、5刷になりました。勝負の夏を前にぜひ!!




FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/3446-616ed773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック