横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
李承燁が韓国で通算2000安打を達成
ktウィズ戦に五番・指名打者でスタメン出場し、

7回裏一死一塁で右前安打を放って達成したそうです。

李承燁が韓国で通算2000安打

韓国プロ野球では、ドラゴンスでもプレーした李炳圭も

達成していて史上8人目。

40歳20日は最高齢で、KBOで14年目は最少シーズンという、

日本で8年間プレーした選手ならではの記録ですね。

スポーツ朝鮮には、以下のコメントが載っていました。

「2000安打は重要な記録だが、チームが負けたのは残念。

また、最少シーズン、最高齢という点では、

韓国での14年、日本での8年、合計22年の間、

着実に努力したことに対する結果なので嬉しい。

次は韓日通算600本塁打(現在598本)も達成したい」

サムスン・ライオンズは今シーズン大不振ですが、

ファンにとっても思い出に残る試合になったでしょうね。

バッティングの理屈カバー帯

『落合博満 バッティングの理屈』落合博満著(ダイヤモンド社)
書籍・電子書籍で刊行され、5刷になりました。勝負の夏を前にぜひ!!




FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/3405-35d47e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック