横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
今日の9回表はいい教材です
今夜のDB×Dは、ドラゴンズが取っても取られる展開となり、

5-5で9回表を迎えます。

先頭のダヤン・ビシエドがライトへ二塁打を放ち、

代打は野本 圭選手。引っ張ろうという意図も空しく

空振り三振で一死となり、続く福田永将選手は投ゴロ。

アンダーソン・エルナンデスは敬遠され、

杉山翔大選手は空振り三振で無得点に終わりました。

野本選手の場面で、ベンチに残っていた野手は

桂、武山、荒木、亀澤、谷、工藤の各選手。

一発で決められる可能性があるのは野本選手だけなので、

勝負をかけたということなのでしょうが、

他の選手に送らせて一死三塁とすれば、

福田選手やエルナンデスには犠飛を打つ力がありますから、

横浜DeNAのバッテリーにも相当な重圧がかかったと考えられます。

では、野本選手の代打は、谷繁元信監督が

勝負どころを見誤ったのか、無得点はあくまで結果論で、

戦術自体はそれでよかったのか。

こういうケースは、僕らにとっても野球を学ぶ

格好の教材になります。

結果的には、その裏に山井大介投手がサヨナラ本塁打を許し、

大野雄大投手が先発した試合を落としてしまいました。

こうした点が、ドラゴンズがどうしても上昇気流に乗り切れない

最大の要因だと感じているのですが、

それをベンチワークで防ぐことはできないのか。

早速、明日からプロの監督経験者の方々に

ご意見を伺ってみようと思います。

バッティングの理屈カバー帯

『落合博満 バッティングの理屈』落合博満著(ダイヤモンド社)
書籍・電子書籍で刊行され、5刷になりました。勝負の夏を前にぜひ!!




FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/3348-e17d752f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック