横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
ドラゴンズが阪神にも快勝しました
7月になりました。

今年の上半期は何をしたかな、

というくらいのんびりしていたので、

ここからはしっかり仕事をしなければと思っています。

4種のチーズのペンネ

とりあえず、ランチはBaccoで4種のチーズのペンネをいただき、

鶏のパン粉つけ焼き

夜はカミさんに鶏を焼いてもらいました。

さて、ドラゴンズはナゴヤドームに阪神を迎えましたが、

今日も谷繁元信監督の采配が冴えましたね。

今季一というくらい好調の藤浪晋太郎投手に対して

5回裏二死までひとりの走者も出せませんでしたが、

福田永将選手の安打から二死満塁にすると、

この回こそ無得点だったものの流れを引き寄せます。

そして、続く6回裏に先頭の亀澤恭平選手が

敵失で出塁すると、大島洋平選手には送らせず、

ヒットエンドランを仕掛けて無死一、三塁に。

平田良介選手の右前安打で1点を先制し、

さらにダヤン・ビシエド選手が3ラン本塁打。

手堅く1点を狙いにいきたい場面で、

思い切った強攻策が一気の4点につながりました。

連日の絶妙な決断が、さらに大きな流れを

作ってくれればいいですね。

気分がいいので、原稿を頑張ります。

バッティングの理屈カバー帯

『落合博満 バッティングの理屈』落合博満著(ダイヤモンド社)
書籍・電子書籍で刊行され、5刷になりました。勝負の夏を前にぜひ!!




FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/3337-3600ddd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック