FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
日本生命らしいシーンに感動
今朝は8:00に就寝しましたが、都市対抗の興奮が醒めずに

10:30には目覚め、グラビアの写真選びを始めています。

決勝点のシーン

延長14回表の決勝点のシーン。

打球の行方を確認してガッツポーズの廣本拓也選手、一塁コーチャーズボックスの

田中啓嗣選手、後ろでは藤井貴之投手もガッツポーズをしています。

手前でボケているのは、二塁走者をまわしている梶田茂生コーチです。

日本生命の首脳陣

優勝した直後の日本生命ベンチ。

左端は、顔をくしゃくしゃにして男泣きする近藤亮介マネージャー。

十河章浩監督やコーチ陣は輪になって抱き合っています。

どのチームも日本一になれば大喜びするでしょうけど、

人と人との結びつきが特に強く感じられるのが日本生命というチームのいいところ。

18年ぶりという格別の喜びが伝わってきますね。日本生命らしいシーンに感動します。

ムッとしている藤井貴之投手

そして、マウンドでの歓喜の輪で倒され、ちょっとムッとしている藤井投手。

人生最高の瞬間でしょうが、ムカつくものはムカつくのですね。

こうやって、僕自身も12日間の大会を振り返りながら、

読者の皆さんにも味わっていただきたいシーンをセレクトしています。

バッティングの理屈カバー帯

『落合博満 バッティングの理屈』落合博満著(ダイヤモンド社)
7月3日に、書籍・電子書籍で刊行されました。




FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/2998-1de40c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック