FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season4
どちらで大成するのかな
第28回ユニバーシアード競技大会は、

決勝が雨天中止となり、日本とチャイニーズ・タイペイが優勝しました。

そのチャイニーズ・タイペイ代表の一員だった輔仁大の曹佑寧選手は、

曹佑寧選手

映画『KANO』で吳明捷投手を演じた役者でもあるのは有名な話。

役者・曹佑寧

切ない演技には心を奪われたし、グラウンドでのスピードあるプレーも魅力的で、

役者と野球選手のどちらで大成するのか楽しみです。

そこで、ちょっと提案なのですが、日本の社会人チームで

どこか曹選手を採用してくれるところはないかな。

一ファンとして、日本で成長していく姿を見てみたいので……。

バッティングの理屈カバー帯

『落合博満 バッティングの理屈』落合博満著(ダイヤモンド社)
7月3日に、書籍・電子書籍で刊行されました。




FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/2984-3f45322c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック