横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
違う世界でやってるようなって……
星野JAPANの皆さん、お疲れ様でした。
心身とも休む時間はないと思いますが、
ペナントレースに戻ったら、
今まで通りにファンを酔わせるプレーを見せてください。

佐藤隆彦選手は、辛い思いが多かったと思いますが、
チームに復帰して最初のヒーローインタビューの時から
「キモティー」を炸裂させてくださいね。
キャラ変えちゃダメですよ。

さて、星野仙一監督は終戦直後に敗因を分析し、
「違う世界でやっているような……。最初の試合から
選手が恐々やるようになった」とストライク・ゾーンに
ついての困惑ぶりを吐露しましたが、
何を今さら……という印象です。

同じ審判員でも、プロより技術も精神力も劣るはずの
アマチュア選手はしっかり“日本の野球”をしていますよ。

もっと言えば、確かに今回の球審のジャッジは
日本に不利に見えるものが多かった。
なぜだかわかりますか?
キューバ戦で、星野監督が礼を失した態度の抗議をして、
審判員の印象を悪くしたのが大きな原因です。

今回の球審はメキシコ人3試合、キューバ人3試合、
カナダ、アメリカ、プエルトリコ各1試合でしたが、
中南米の審判員の結束は固いですよ。
「明日の試合に勝ちたいなら、いくら出すか?」という
不届き者もいますが、今回はキャリアも長い優秀な
審判員に当たっていた。だからこそ、彼らのプライドを
逆撫でする行為により、審判を味方に付けられなかったのも事実です。
いつもなら、キューバの審判員なんてメッチャ日本寄りですから。

また、準決勝後、韓国メディアから
「なぜ打たれている岩瀬を起用したのか」と聞かれ、
「それが私のやり方だから」と答えたようですが、
この考え方も大きな敗因でしょう。
国際大会で「私のやり方」は通用しません。
「国際大会に勝てるやり方」でチームを動かさなければ。

星野監督はプレ五輪に参加したり、各国の視察に出向くなど
ライバルの戦力分析とともに国際大会の流儀も
身につけていると思っていたのですが……。
それは完全に僕の思い違いでした。

どんな強大な戦力を整備しても、
今日感じた星野監督では妥当な結果だと思います。

北京オリンピック4位

この結果だけが歴史に残りました。
コメント
コメント
星野仙一は
人選と言い、采配と言い、過去の実績に影響され過ぎだと思いました。
短期決戦では、現在最もイキが良い選手を使うという鉄則を忘れていたのでは?
2008/08/23(土) 23:23:16 | URL | tsukkun* #79D/WHSg [ 編集 ]
Re:違う世界でやってるようなって……(08/23)
こんばんは、野球の4位という結果は予想していなかっただけにガッカリしました。
公式戦最中の五輪で故障を抱えている選手や、期間中に故障した選手がいたり代表としての練習不足があったりと予想外の出来事
に惑わされてしまいましたね。それより星野監督の選手起用には疑問点を多く感じました。国際大会での戦い方の難しさを痛感した
ことでしょう。WBC代表監督は辞退するべきだと思います。
2008/08/24(日) 20:51:48 | URL | kintyre #79D/WHSg [ 編集 ]
Re:星野仙一は(08/23)
tsukkun*さん
今回の日本代表は、他国と比べても
圧倒的な戦力だと思っていました。
でも、やはり采配次第では
こういう結果になってしまうんですね。
やっぱり、星野監督は
国際大会をナメていたかな……。
そう思いたくはないですが。
2008/08/25(月) 00:01:36 | URL | 横尾弘一 #79D/WHSg [ 編集 ]
Re[1]:違う世界でやってるようなって……(08/23)
kintyreさん
ワールド・ベースボール・クラシックについても、
なるべく早くに監督、コーチを決めてもらいたいですね。
選手よりも、スタッフに国際経験を
積んでもらうほうが大切そうなので。
2008/08/25(月) 00:04:28 | URL | 横尾弘一 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/282-38240517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック