横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
星野JAPANが金メダルを獲るためには
星野仙一監督は、
「アメリカにも勝ちにいく」と言っていましたが、
あれは本心じゃないと信じたい。

だって、やっぱり準決勝はキューバより韓国のほうがいいから。
稲葉篤紀選手も「相手は関係ない」ってコメントしていたけど、
その心意気はいいとして、やっぱり相手は関係ある。

キューバは準決勝では負けない。
日本の「金メダルを獲る」という気持ちよりも、
キューバの「決勝にいく」という気持ちのほうが遥かに強いだろう。
なぜなら、彼ら裕福じゃなく、本気で名誉のために戦うから。

それに、予選1位で突っ走った韓国だけど、
中国戦を14日と17日に分けて戦い、21日がようやく休み。
でも、この休みで打線の勢いが止まったり、
勝負運の流れが変わることは十分に考えられる。
しかも、日本は一番嫌な相手だと思うし。
恐らく先発は左腕の柳賢振でしょう。
カナダ戦は完封したけど、1試合しか投げていないというのも
プレッシャーがかかるでしょうね。

あとは、日本の打線が打てるかどうか。
まず、7試合で「今回は使えない」と見た選手を外すべき。
岩瀬、川上、阿部、村田、青木の5人ですかね。
さらに、もう日本の常識は捨てて戦うべき。
先発投手が先発するとか、関係ないんだから。

極論すれば、
4 荒木
D 西岡
5 中島
3 新井
8 稲葉
9 佐藤
7 矢野
2 里崎
6 宮本
とかいうオーダーで、先発は上原浩治。
4回から藤川球児。あとは点差などによって
杉内、成瀬、和田など左をぶち込み、涌井も使って、
勝ちにいくところでダルビッシュ。

こんな無謀に見える戦い方も、
本気で金メダルを狙うならありです。

とにかく、勝て!! 星野JAPAN。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/277-e95e21d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック