FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
一生に一度のことだから
「どうすればプロになれますか?」

若い社会人の野手からそう聞かれることがあります。

確かに、投手に比べると野手はプロ入りのチャンスが

少ないように思えます。

僕はプロ野球界に入ったことがないのでわかりませんが、

社会人からプロ入りした野手のことを話します。

「クレイジーな一年を過ごすことじゃないかな」

一日練習を終えた後、仲間が寝静まる夜中まで室内でバッティングし、

チームの休日も誰もいないグラウンドをひたすら走り、

試合では圧倒的な数字を残そうとする。

そうやって、チームメイトから見ても「あいつ大丈夫か?」という

一年を過ごした選手が、ドラフト指名されているように感じます。

これだけやるのは大変でしょう。

でも、大きな夢をどうしても叶えたいと思うなら、

一生に一度、一年くらいすべてを犠牲にして野球に打ち込むことも

できるのではないでしょうか。この答え、正しいのかな?

今日はずっと雨が降っていたし、せっせと原稿を書きました。

冬野菜のコンソメスープ

冬野菜のコンソメスープ、

オイルサーディンと大蒜のパスタ

オイルサーディンと大蒜のパスタ。

頑張ろうと思ったけれど、いつの間にか落ちていました。



FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。


采配第二幕ロゴ


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/2380-da1564b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック