FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season4
勝てる気がしないチーム
首痛は治らないのですが、
何とか頑張って広島に。

昼間は社会人野球関係の取材と打ち合わせをして、
夕方から行って来ました、広島市民球場。

広島市民球場

この球場は、午後7時過ぎくらい、
レフト方向の西日が山並みに沈み、
空が群青色に染まってきた頃の景色が好きです。

今年で最後なんですよねぇ。
しみじみした気持ちで球場を見渡しました。

さて、広島×中日 ですが……。
今日は広島のチャンスを2度も牽制で凌ぎ、
最初のチャンスに小池正晃選手のタイムリーが出ましたが、
これまでとは決定的な違いを感じました。

勝てる気がしません。

2-1とリードし、長峰昌司、高橋聡文、そして吉見一起と
リリーフ投手が踏ん張っていましたが、
中日の投手陣が抑えているというよりは、
広島打線が勝手に凡打しているという感じ。
一方、強竜打線は広島投手陣に抑えられているのではなく、
まったく自分のバッティングができていません。

そういうチームが勝てるわけない。いや、どこが相手でも勝つわけない。

それでも、結果的に2-1で逃げ切れば何かが変わるかとも思いました。
しかし、滑って転んで白星をプレゼントしちゃいました。

落合博満監督の厳しさに、選手が怯えているようにも感じるし、
肝心の落合監督の采配にもキレがない。

こんなドラゴンズを見るのは、
落合監督が就任してからは初めてです。
テレビ画面ではわからないことが見られてよかったですが、
何かいけないものを見てしまった気もします。

僕は落合監督を誰よりも尊敬しているし、
落合監督の野球も大好きです。
でも、現在のドラゴンズを勝たせるために
何が必要かと言えば、落合監督の厳しい野球ではない気がします。

もっと大らかな野球というか……。
そんな野球では勝ち続けるチームは作れませんが、
現在のプロ野球にはそういうチームが多いのも事実。
とにかく、チームは落合監督の真骨頂である
“負ける気のしない野球”をできなくなっている。

ここは、落合監督が変わるしか、道はないと感じました。
コメント
コメント
Re:勝てる気がしないチーム
痛さがぶり返すような試合だったようで(^_^;)重ね重ねご愁傷様です。
「けが人が多いからなあ」と新聞のスタメン欄を見たら、井端も森野も戻ってますね。
ベストメンバーで負けてるんですか。
今日発売の週刊新潮に「オレ流中日は瓦解寸前」という記事が出ます。
白星が最良の薬なんですがねぇ。
2008/07/10(木) 10:27:05 | URL | ウリャー吉井店長頑張れ #79D/WHSg [ 編集 ]
Re[1]:勝てる気がしないチーム(07/09)
ウリャー吉井店長頑張れさん
落合博満監督が心の病を克服されることを
切に願っております。
2008/07/10(木) 23:18:44 | URL | 横尾弘一 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/220-0d1ad3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック