FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
久しぶりに落ち着く優勝争い
東京六大学春季リーグ戦は、明大が慶大から勝ち点を挙げ、

これで法大と勝ち点4で並びました。次週の直接対決で

勝ったほうが優勝となります。

僕が神宮で母校を応援していた中1~大学卒業までの10年間、

優勝回数は、法大8回、明大7回、早大3回、慶大2回。

早慶戦の盛り上がりも強く印象に残っていますし、

立大が1980年に2シーズン連続2位になったのも懐かしいのですが、

やはり20シーズンのうち、7回も繰り広げられた法明による優勝争いが

一番のインパクトでした。変な表現かもしれませんが、

この2校が強い時は何か落ち着くんですね。

しかも、本命と評される法大を、明大が意地で追っている時が最高。

今シーズンは、まさにそんな状況です。

しかも、法大の神長英一監督、明大の善波達也監督とも、

僕の青春時代のスーパースター。週末はドキドキするだろうなぁ。

何とか仕事をやりくりして、1試合でもいいから見たいなぁ。

ちなみに、裏カードは立大×東大(笑)。

でも、立大だって、早慶を倒して3位だぜぇ。



FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。


采配第二幕ロゴ
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/2167-ec2ff03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック