FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
スポーツを愛し、リスペクトする感性を
プロ野球はストーブ・リーグが真っ盛り。

巨人の小笠原道大選手は、史上最大の3億6000万円ダウンの

7000万円で更改したそうです。

でも、これってそんなに大事なニュースかな。

小笠原選手は僕も大好きですが、一般論で考えてみると、

34試合しか出場せず、打率.152、0本塁打、4打点という成績の選手が

4億3000万円も貰っていたこと、その選手に来季も7000万円もの期待を

かけられるのが現在の日本のプロ野球と考えれば、

一般のビジネスマンのほうがよほど厳しい社会を生きていますよね。

メジャー・リーグなら過去の栄光や存在感など査定に入れず、

今、戦力になれるかどうかを検討するだけ。

だからこそ、プロには夢があるのだということを松井秀喜選手も証明しています。

そんな、たったひとりの選手の来年のお金の話より、日の丸のユニフォームを着て

アジア王者になった選手たちを大きく取り上げてほしいよなぁ。

球団事務所に足を運ぶより、台湾に行こう!!

スポーツに携わる僕たちは、そうやって現場=球場が第一だという感性を

絶対に忘れてはいけないと思っています。

だから、僕は24名の選手たちの活躍を、瞬きもせずに見られたことを誇りに思っています。

今日は、そんな素晴らしい戦いを記録した写真の整理。

優勝の瞬間

やっぱり、小笠原選手の悩ましい表情よりも、こっちの写真のほがいいよなぁ。

黄志龍とツーショット

まぁ、冴えないオジサンが元・巨人の黄志龍を見つけて撮った

ツーショットなんか、何にも面白くないけどさ。



FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/1999-6016b9ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック