FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
戦術ではなく野球を教える
朝イチのJALで長崎へ向かい、

日本代表の小島啓民監督が代表を務める長崎文教シニアの練習に。

長崎文教シニアの練習

日本代表の練習を中学生に教えているというだけあって

どれだけ厳しく高度な練習なのかと思いきや、

徹底した基本の反復と、なぜそれが基本なのかという指導。

選手たちからは笑顔が絶えず、動きだけを見れば本当に代表クラスです。

「でも、試合は全然勝てないよ。どうしたら勝つかは教えていないから」

大村寿司定食

地元の名物、大村寿司(右下)の定食を食べながら小島さんはそう言いますが、

野球を好きになること、好きだから一生懸命に取り組むことに関しては、

素晴らしい感性が育まれていると感じました。

無責任に聞こえるかもしれないけど、できることなら中学生までは

それでいいよなぁ。勝ち負けより、高校以上でも通用する基本的な技術を

身につけたほうが野球人生は楽しくなるはずだから。

中学生が難なくこなす右足前のゴロ捕球には、感心しました。

鯨の刺身

そして、夜も鯨の刺身など長崎の味を愉しみながら勉強。

自分が中学時代に知っていれば……という知識をたくさん吸収しております。



FC2ブログランキングに参加しました。
よろしければクリックをお願いいたします。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/1680-b486f831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック