FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
広州にやって来ました
日本選手権決勝の夜は、
22:00くらいに帰宅しましたが、
やることが多くて睡眠を取ることができず、
フラフラのまま5:50に出発。

成田空港から9;35発のJAL855便で
中国・広州に飛びました。
何人かの日本代表選手、
女子バレーボールの中国代表選手も同じ便でした。

現地に到着すると、
取材パスを持っている僕らには
入国審査も荷物チェックもすべてスピーディに
処理してくれて、ホテルまでも
専用の送迎車で連れて行ってくれました。

ホリディイン・シティセンターの客室

↑これがホリディイン・シティセンター広州の客室。
メディア指定ホテルになっているので、
入口では荷物検査があり、フロアごとに
お世話の女性が24時間います。

で、すぐにタクシーでメディア・センターへ。
ここでガイドブックなどメディアキットをもらうのですが、

プレスキット

地図や競技時間の案内やシャトルバスの時刻表だけではなく、
Tシャツ、キャップ、折りたたみ傘、買い物袋など、
記念品まで含めた十数点がデイパックの中に入っていました。
とりあえず、持ち歩くのが大変。

プレスセンター

プレスセンターをチラッと覗き、
シャトルバスで野球場へ。

中国戦ということもあってメディアの数が多過ぎ、
同行の宮野敦子カメラマンはカメラ席には入れません。
そこで、試合の撮影は先着の藤岡雅樹カメラマンに任せ、
久しぶりにドキドキしながら試合を観戦しました。
日本は7回までスコアレスというヒヤヒヤものの勝利。

日本×中国

横山キャプテン

↑試合後にお話を伺った横山憲一キャプテン。

この大会の会場は、市内の数か所に分かれており、
野球場があるのはオリンピック・スポーツセンター。
そこから、市内中心部の天河スポーツセンターに
シャトルバスで移動し、そこから各自ホテルに
戻るというルートだそうです。

本場の麻婆豆腐

22:00過ぎからいただいた遅い夕食は、
ホテル近くにある家庭的な店で麻婆豆腐など。

機内で2時間くらいしか眠っていなかったため、
さすがに強烈な睡魔に襲われ、
部屋に戻ると、あっという間に眠ってしまいました。

ホテルから見える広州市街

朝8:00に起床して撮った市内の様子。
今日16日は13:00からモンゴル戦です。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/1200-b32579f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック