FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
足りないものとは何か
週刊ベースボール日本シリーズ決算号の
原稿を午前中までにフィニッシュ。

落合博満監督が語った
「日本シリーズで勝つために足りないもの」を
僕も考えましたが、それは落合監督自身の
内面にあるのではないかと感じています。

選手たちが発揮する最後の最後のバカ力は、

「監督を男にしたい」

そういう浪花節的なものではないかと。

ドラゴンズの選手は、本当によく戦っていると思います。
もっとのびのびとプレーできるムードがあれば、
短期決戦でも強さが発揮できるのではないか。
そんなふうに感じました。

3か月ぶりに髪を切り、
ヘッドスパをしてスッキリ。

明日からは再開される日本選手権を取材します。
コメント
コメント
Re:足りないものとは何か
落合監督「6」の因縁
中日ドラゴンズ背番号66・56歳の落合監督が、千葉ロッテ背番号66・26歳(7月6日生まれ)、育成6位、2010年6月デビュー、50m5秒6の岡田幸文選手に決勝V打を食らいました。落合監督のラッキーナンバーである数の「6」…やはり、第6戦を落としたのが痛かったですね。。。
2010/11/09(火) 08:22:54 | URL | 元捕手 #79D/WHSg [ 編集 ]
Re[1]:足りないものとは何か(11/08)
元捕手さん

今日13日、夕方くらいに
落合監督からお電話をいただきました。
とても穏やかに来季への意気込みを話して下さり、
補強も上手くいっているのかな、と思いました。
2010/11/14(日) 01:13:52 | URL | 横尾弘一 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/1193-6a4f94c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック