FC2ブログ
横尾弘一の「野球とともに生きている」season3
慶大OBの絆と兄弟愛!?
とても不安定な天候の中、
都市対抗関東二次予選が行なわれました。

JFE東日本、鷺宮製作所、東芝の中から
1チームだけが落ちるという残酷なリーグ戦。

第1試合は、8回裏に逆転した
東芝が4-3で鷺宮を振り切りました。

実は、1勝1敗で三つ巴になった場合は、
再リーグ戦は行なわず、
3チーム間の得失点率差で順位が決まるため、
重要なのは第2試合の勝敗とスコア。

果たして、JFE東が6-0で東芝に勝ち、
この時点で出場権をほぼ獲得しました。
東芝の2試合の得失点差が-5ですから、
JFE東は鷺宮に0-10で負けても、
-4で東芝を上回るという計算です。

また、-1の鷺宮も、JFE東に勝利すれば
東芝を上回ることは確実。
つまり、東芝は絶体絶命の状態にあり、
JFE東の連勝に望みを託すしかなかったわけです。

第3試合は、2回裏にJFE東が無死満塁のチャンスを
築くもショートフライと投ゴロ併殺で無得点。
すると、直後の3回表に鷺宮がスクイズで1点を先制しました。

しかし、5回裏二死満塁から落合成紀選手の
レフト前でJFE東が逆転。
鷺宮も、6回表に藤田啓至選手が豪快な同点弾を放ちますが、
その裏に二死一、三塁から市川正美選手のタイムリーで
再びリードしたJFE東は、続く7回裏も金森宏徳選手の
一発で加点し、4-2で勝利を挙げました。

都市対抗関東二次予選

第3試合は少し強い雨が降り、
スタンドで観戦することはできませんでしたが、
これで東芝が復活。

慶大出身の東芝・印出順彦監督は、

「先輩、後輩と、市川の兄弟愛に救われました」

そうだ。JFE東の蔵元修一監督、
ダメ押し本塁打の金森選手は慶大出身。
決勝タイムリーの市川正美選手は、
東芝の市川和樹選手のお兄さんだった。

なるほど。

それにしても、粘り強さが光る
鷺宮を東京ドームで見られないのも残念です。

都市対抗予選は、北海道を残すのみです。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yokoobaseball.blog.fc2.com/tb.php/1037-54c7191d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック